ゼロ株

ゼロから株を知りたい方向に情報を発信しています

MS&ADインシュアランスグループホールディングス(8725)の株価分析と配当金・株主優待を分かりやすく解説

MS&ADインシュアランスグループホールディングスは3大メガ損保のひとつ。

具体的な保険商品に社名は出てきませんが、MS&ADインシュアランスグループホールディングスの保険に加入している人も少なくないはずです。

そんなMS&ADインシュアランスグループホールディングスへ投資してみたいという人も多いのではないでしょうか。

しかし、株価分析の結果は投資に値するものと言えるのでしょうか。

また、昨今の売上の状況や配当金、株主優待はどのようになっているのでしょうか。

そこで今回はMS&ADインシュアランスグループホールディングスの株価分析と配当金、株主優待について分かりやすく解説していきます。

MS&ADインシュアランスグループホールディングス(8725)の株価分析と配当金・株主優待を分かりやすく解説

MS&ADインシュアランスグループホールディングス(8725)の株価分析

MS&ADインシュアランスグループホールディングスの事業内容

MS&ADインシュアランスグループホールディングスは大手損害保険会社の持ち株会社です。

MS&ADとは「Mitsui Sumitomo & Aioi nissay Dowa」の頭文字から来ています。

その名の表すとおり三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保はMS&ADインシュアランスグループホールディングスの傘下です。

事業ドメインとしては「国内損害保険」「国内生命保険」「金融サービス」「リスク関連サービス」「海外事業」の5つを展開しています。

ただ、主力はやはり国内損害保険。 国内損害保険事業だけでMS&ADインシュアランスグループホールディングスの利益のほぼ8割を占めます。

国内生命保険事業も2割弱と無視できない規模ではありますが、株価分析の際には国内損害保険事業の売上の動向を見ていけば十分でしょう。

なお、MS&ADインシュアランスグループホールディングスの収入は国内の損害保険会社カテゴリーではトップ。

世界で見ても5番手に位置します。

数字で見てもかなりの規模であることが分かるのではないでしょうか。

ちなみに、世界トップの損害保険会社はウォーレン・バフェット氏が経営するバークシャー・ハサウェイです。

その収入はMS&ADインシュアランスグループホールディングスの約5倍。

他社の追随を許さない確固たる地位を築いています。

MS&ADインシュアランスグループホールディングスの売上の状況

2019年度のMS&ADインシュアランスグループホールディングスの売上高は3兆5,737億円。

経費などを引いた純利益は1,430億円です。

2020年度については新型コロナウィルスの影響もあり売上高も微減。

純利益も1,300億円と控えめに予想しています。

ただ一方で、MS&ADインシュアランスグループホールディングスは新型コロナウィルスの流行をひとつの事業変革のチャンスととらえ、2021年度の売上目標についてはかなり強気の目標値を設定しています。

しかしこの目標も具体性に欠ける印象です。

株価分析の際にはあまり参考とはしないほうが良いでしょう。

MS&ADインシュアランスグループホールディングスの資産状況

2020年6月期におけるMS&ADインシュアランスグループホールディングスの総資産は23兆6,061億円。

そのうち株主資本と資本金等が占める割合である自己資本比率は11.1%です。

自己資本比率は高いほど財務的に健全であるとされる指標。

MS&ADインシュアランスグループホールディングスの11.1%という自己資本比率は数字としてはかなり低めです。

ただ、損害保険、生命保険という業態自体が他人のお金を預かって運用するビジネスモデルです。

そのため当然ながら自己資本比率も低めになります。

損害保険という業種で見てもMS&ADインシュアランスグループホールディングスの自己資本比率は低めではありますが、そこまで危険視する必要はないでしょう。

MS&ADインシュアランスグループホールディングスの株価分析

悪くない売上とは裏腹にMS&ADインシュアランスグループホールディングスの株価は今ひとつ冴えていません。

ただ決して足元の業績は悪くありません。

遅からず株価3,500円程度には戻すのではないかと思われます。

比較的安い今のうちに投資しておくのも良いのではないでしょうか。

ただし、MS&ADインシュアランスグループホールディングスのような保険事業は予測不能な事故や天災などの影響を強く受けます。

予想できない以上対策のしようもありませんが、その点は承知しておきましょう。

MS&ADインシュアランスグループホールディングス(8725)の配当金

MS&ADインシュアランスグループホールディングスの予想配当金は150円。

投資に対するリターンの割合である配当金利回りで見ると5.09%です。

これは配当金利回りとしては破格の数字です。

また、現在のMS&ADインシュアランスの株価がおよそ3,000円と手頃であることも魅力的です。

3,000円×100株=300,000円の投資に対して100株×150円=15,000円の配当金と考えるとかなり割の良い投資です。

株価上昇に時間がかかったとしても配当金だけでそれなりのリターンが期待できるでしょう。

MS&ADインシュアランスグループホールディングス(8725)の株主優待

MS&ADインシュアランスグループホールディングスに株主優待はありません。

とはいえ、配当金の利回りが非常に高いことは先に触れたとおりです。

株主優待がなくとも十分な株主還元があると考えて良いでしょう。

そもそも保険会社の株主優待というのも想像しにくいものです。

株主優待目当てで投資するつもりの人は別業種の銘柄を探すことをおすすめします。

MS&ADインシュアランスグループホールディングス(8725)の株価分析を競合他社と比較

MS&ADインシュアランスグループホールディングスの競合他社と言えばSOMPOホールディングスです。

その株価を見てみるとMS&ADインシュアランスグループホールディングスとほぼ同様の動きをしていることが分かります。

株主優待がない代わりに配当金利回りが高いことも同様です。

ただし株価はやや高め。

あえてMS&ADインシュアランスの代わりに投資するメリットはあまりないかもしれません。

MS&ADインシュアランスグループホールディングス(8725)の株価分析と配当金・株主優待を分かりやすく解説 まとめ

MS&ADインシュアランスグループホールディングスの株価分析と配当金、株主優待について解説してきました。

足元の売上げは悪くないものの株価の動きは今ひとつ。

ただ、中長期的には株価上昇は十分に期待できるため、今のうちに投資するのも悪くないと思われます。

さらにMS&ADインシュアランスは株主優待こそありませんが、配当金利回りが破格です。

配当金を貰いつつゆっくり気長に株価回復を待つというスタンスで投資するのも良いのではないでしょうか。